にいちゃん【出演声優:斉藤壮馬 加藤将之】

にいちゃん【出演声優:斉藤壮馬 加藤将之】の画像,ジャケット BLCD にいちゃん【出演声優:斉藤壮馬 加藤将之】(年上 年下) | ポケットドラマCD(ポケドラ) 画像タップで拡大

※お客様は【非対応デバイス】でご利用中です。
作品ダウンロード・再生は
ポケットドラマCDアプリをインストールした
スマートフォン端末でのみ行えます。
ご了承の上、ご購入手続きをお願いします。

無料試聴

収録トラックセット

  1. 【特典付き】にいちゃん セット

特典紹介

全トラック購入特典
キャストコメント

斉藤壮馬、加藤将之。 CDに収録されたおまけキャストコメント。
more

特典

【特典付き】にいちゃん セット
購入

収録トラックセット購入済みの方は
特典トラックのみを購入する

内容紹介

ふつうってなに まともってなに これはいけないこと…? かつて、近所のにいちゃんに手を出され、 現場を母親に見られてしまったゆい。 それを境に、いつも遊び相手に なってくれていたにいちゃんは姿を消し、 親からは過保護なまでの監視を受けるようになってしまった。 あれから時が経ち、にいちゃんを忘れられないゆいは、 ある日もあてもなく街を徘徊し、そして、ついに再会の日がくる——。 しかし、久しぶりに会ったにいちゃんは、 昔のような優しいにいちゃんではなくなっていて……。 《衝撃の禁断愛、音声化》 原作:はらだ
more

スタッフリコメンド

シリアスかつダークに描かれる、絡み合う人間関係と、憎しみ、愛情──。 お待たせいたしました。はらだ先生の名作が、ついに配信開始です! 「にいちゃん」こと・景を加藤将之さん、にいちゃんに翻弄される・ゆいを斉藤壮馬さんが演じていらっしゃいます。 他のキャスト陣と共に、原作の独特な雰囲気がそのまま伝わってくるような名演技で、どっぷりとその世界観に飲み込まれてしまいます。 にいちゃんからのあまりにも痛々しい仕打ちの連続は、斉藤壮馬さんの迫真の演技が重なると、こちらも呼吸困難になってしまいます……く、苦しい……!! 何でこんなことを!?と怒りさえ湧き上がってくるのですが、景の過去を知るにつれ憎むに憎めず、日常に潜む落とし穴のような怖さにゾっとします。 「大丈夫。俺がちゃんと証明するから──。愛してあげる。」 まさかの形勢逆転!! 身体で受け入れるだけが、受容じゃないんだ。という深さに唸ってしまいました……うーん!! いわゆる受け攻めの両方を、違和感なく楽しめるのは、紛れもなくキャラクターが「生きている」証ではないでしょうか……キャストさんの本気を感じる作品です!! 特に斉藤壮馬さんの攻め声は貴重かと思いますが、とっっっ……ても魅力的かつ色気の破壊力が凄まじいので、お気をつけ下さいね……!! また、ゆいの良き理解者・舞子ちゃん!彼女のキャラクターが、とってもイイです!! 可愛いお声に反してその実、過激派!!湿度高めな空気さえ、彼女によって吹き飛ばされるような爽快感★BLヒロイン(!?)のお手本たる頼れるミューズですv 人間の闇を垣間見るような、目を伏せたくなる剥き出しの痛々しさがありますが、同時に、それでも人は人に魅かれ、求めずにはいられないという矛盾を感じて、愛おしくてたまりません。 深く余韻に浸れる作品です。ゆっくりとお楽しみ下さいませ!
more

ストーリー・キャラクター紹介

【キャラクター】 ゆい CV:斉藤壮馬 「成績優秀で大人しく真面目な高校生」を演じている高校生。 「ふつう」という価値観が理解できず、世間とのズレを感じている。 自己中心的で強情だが、景に対してとても一途。 景 CV:加藤将之 ゆいが小学生だった頃よく遊んでくれていた。 興奮すると暴力的な行動が目立つが、 実は、精神的にとても弱く不安定で、人と関わることが苦手。 【キャスト】 ゆい:斉藤壮馬 景:加藤将之 舞子:竹内恵美子 ゆい幼少期:相川奈都姫 景幼少期:川上彩 おじさん:橘潤二 ゆい父:松田修平 景父:陣谷遥 景母:清水はる香
more

キャスト

斉藤壮馬/加藤将之

作品情報

出演声優
レーベル
関連ワード
タグ

単品トラック

  1. 1.1話目

  2. 2.2話目

  3. 3.3話目

  4. 4.4話目

  5. 5.5話目

  6. 6.6話目

  7. 7.ゆい

収録トラックセット

  1. 【特典付き】にいちゃん セット

(C)はらだ/プランタン出版 Canna Comics
(P)FIFTH AVENUE

オススメの作品

この作品を見た人にオススメ

年上

年下

斉藤壮馬

オススメのコラム

この作品を見た人にオススメの読み物

  1. BLコラム「リバ作品のススメ」
    04/10

    BLコラム「リバ作品のススメ」

more