ポケットドラマCDへようこそ!

>ポケットドラマCDとは? >ログイン/新規会員登録
BLコラム「リバ作品のススメ」

ポケドラスタッフ

BLコラム「リバ作品のススメ」

『リバ』リバーシブルの略語であり、BL業界においては、『攻め』『受け』という役割を固定せず互いにどっちもできちゃう!という、自由かつ大胆なジャンルではないでしょうか。

筆者自身も思い当たるのですが、受け攻め固定派の方には一歩間違えれば地雷ともなり得るセンシティブなワードかもしれません…ドキドキ。
ですが、『このリバがヤバイぞ』と先輩からタレコミがあり、BLCDフリークとしてこれは聴き逃す訳には…!と騒ぐ血と本能のままに──。


\いざ旅立たん!『リバ』の領域へと…!!/

折よく季節は春、新しいことにチャレンジするにはピッタリの季節ですものね♪
よろしければお付き合い頂けますと幸いです♡

まずご紹介いたしますのは、(私もおススメされました)こちらの作品です!


『ちんちんは点滴』パワーワード炸裂!
挿しつ挿されつ♡はらだ先生が描く
圧倒的なエロギャグに、
興奮と爆笑との連続でIQ吹っ飛び腹筋崩壊!!
とにかく元気が出るシリーズです♪

ハッピークソライフ/ハッピークソライフ2【出演声優:中島ヨシキ 増田俊樹】

ハッピークソライフ/ハッピークソライフ2【出演声優:中島ヨシキ 増田俊樹】

ド田舎に左遷されてエリート街道から転落まっしぐら!
冒頭から衝撃的ではありますが、テンポよく描かれるコミカルストーリーは、ストレスフリー!
本人たちが深刻ぶればぶるほど、申し訳ないと思いつつも笑いが込み上げてしまうほどの愛おしさ…(おバカな子ほど可愛いの法則)

「じゃんけんしよう。勝った方が入れてもらえる。」
「ねえねえ、今度やる時は絶対ネコさしてね!」

会話からもお分かりのように、きわめてカジュアル!!

それぞれが、タチネコどちらも楽しそう(気持ちよさそう♡)なので、こちらも安心してニマニマ見守らせて頂けますし、
ひとつの作品内で、攻め受けどちらの演技も楽しめてしまうという…キャスト様ファンにとってはニ度美味しいお得感も…!?♪
粕谷役・中島ヨシキさんと、葛谷役・増田俊樹さん。お二人の息の合った掛け合いも魅力的!渾身の”カス”と”クズ”をご堪能ください!

さて、ここで豆知識です。
前述作品はいわゆる『同軸リバ』と分類されるそうですが、
対しまして『別軸リバ』となります、こちらの作品もご紹介させて頂きますね♪



『放課後』をコンセプトにした
オリジナルBLドラマCD♡
幼馴染なのに性格は正反対な二人
陽貴皓太が繰り広げる、
等身大で甘酸っぱい青春ラブストーリー!!

石谷春貴&伊東健人 出演 !
CDによって受け攻めが反転するBLCD
『あの日の放課後、僕たちは
~二人が近づくトワイライト~』

あの日の放課後、僕たちは ~二人が近づくトワイライト~

何と言っても注目ポイントなのが、CDによって攻めと受けが逆転するという画期的なルート分岐シナリオです!これにより、『陽貴×皓太』、『皓太×陽貴』の2パターンのカップリングが楽しめてしまうというのです…!

「このスパダリ攻めもとっても良いのだけれど…だからこそ、強気な台詞を吐くこの整ったお顔が、羞恥と快楽に歪んでメス堕ちしてゆく姿を見せては…くださらぬか…!!」
後生でございます…!!と自らの底なしの欲望・性癖がスゴい芸人ぶりに辟易しつつも、夜な夜な枕を濡らす、そんな同士たちへ朗報です!!

どちらのカップリングを選ぶかは、お気に召すままに…だと…!?!?
\勝訴!!!/

元気で素直なワンコ系の陽貴と、
冷静沈着で大人びたクール系の皓太。
子供の頃からずっと一緒だったのに、大学進学で離れ離れに──?
『生まれて初めて、違う場所で生きていく』冒頭のモノローグが突き刺さり過ぎて…!!これだから…幼馴染ってやつは…っ!!(涙目)
陽貴役・石谷春貴さんと、皓太役・伊東健人さんという今をときめくホットなお二人の演技にもご注目ください♪

素晴らしいのは、攻め受けが逆転するにも関わらずキャラクターが不自然に改変されていないことです。
『別軸』とは言え、あくまでもそれぞれの個性はそのままなので、お楽しみ頂いたあとは、もう一方のカップリングパターンも聴きたくなること請け合いです♡

いかがでございましたか?
「他にはどんな作品があるのかな?」俄然興味が湧いてきましたね♡

最後にこちらはいかがでしょうか。


雲田はるこ先生×ベテランキャスト陣という
夢のタッグで描かれる
レトロな雰囲気漂う味のある世界観、
体温を感じる魅力的なキャラクター、
生々しくも、美しい…
これぞ、エモーショナルの極み…!!

新宿ラッキーホール

新宿ラッキーホール

ゲイビ制作会社『ラッキーホール』を舞台に個性豊かなキャラクターたちのお仕事、心情、恋心…まさに生きざまが描かれております。
キャスト欄を見て頂ければ一目瞭然かと思われますが、豪華キャスト陣による演技力をこれでもかと見せつけられてしまいます!

なにせゲイビデオ制作会社という環境ですから、作中では様々な組み合わせの濡れ場が描かれております。

そんな中でもひと際、苦味(CV:三木眞一郎さん)とサクマ(CV:堀内賢雄さん)の関係性にはグっと引き込まれてしまう魅力がございます!
こちらでも、攻め受けが逆転する『リバ』が関係性に深みを出す重要な役割を果たしており、唸ってしまいました…!!
心に染みるBLCD、天晴と言わせて頂きます…!!(パチパチパチ)

終わりに

ここまで長々とお付き合い頂きまして、誠にありがとうございます。
「聴いてみようかな…?」と少しでもご興味を持って頂けましたらとても嬉しく思います。

好きだからこそ、抱きたいし・抱かれたい…。
よくよく考えれば、当然の欲求なのでしょうか。
『男性同士』という関係性を活かした、まさにBLならではの醍醐味かもしれません。

この春は、ぜひ『ジャンル』という固定観念を脱ぎ捨てて、BLCDをもっと自由に楽しんでみてはいかがでしょうか♪

かくいう筆者も、魅惑のリバ作品を紐解いておりましたら、すっかりその魅力にハマってしまいました…♡
他のリバ作品もリサーチに旅立ちます故、これにて失礼させて頂きます♡
(おススメ作品などございましたらご一報頂けますと大歓喜いたします…っっ!!)

『イチャイチャ』の関連記事

BLコラム「リバ作品のススメ」

ポケドラスタッフ

BLコラム「リバ作品のススメ」

『リバ』リバーシブルの略語であり、BL業界においては、『攻め』『受け』という役割を固定せず互いにどっちもできちゃう!という、自由かつ大胆なジャンルではないでしょうか。

最新記事

BLコラム「リバ作品のススメ」

ポケドラスタッフ

BLコラム「リバ作品のススメ」

『リバ』リバーシブルの略語であり、BL業界においては、『攻め』『受け』という役割を固定せず互いにどっちもできちゃう!という、自由かつ大胆なジャンルではないでしょうか。