キャストインタビュー「誘惑オフィスラブ~職場でこっそり快感絶頂~」小宅悠一さん

スタッフ

キャストインタビュー「誘惑オフィスラブ~職場でこっそり快感絶頂~」小宅悠一さん

甘いイチャイチャからドSな彼のカゲキな音声まで、さまざまなシチュエーションでのオリジナル音声ドラマを配信中のサイト、ポケットドラマCD(ポケドラ)
今回は、新作音声ドラマ 「誘惑オフィスラブ~職場でこっそり快感絶頂~」に出演中の小宅悠一さんにインタビューをお答えいただきました。
収録を終えての感想や印象的なシーンに加え、プライベートな部分まで伺ってきました!



――初めまして!まずは自己紹介をお願いします

お名前:小宅 悠一(おやけ ゆういち)
誕生日:7月13日生まれ/かに座
血液型:B型
好きな食べ物:ハンバーグやオムライス
趣味:カラオケ(歌うことが大好き!)
特定の好きなアーティストがいるわけではなく、好きな曲を歌います!
得意な役柄:ポケドラではSっけのある先輩や先生が多め

☆アピール☆
実は大人、おじいさんなどの老け役も得意。

――それでは声優を目指そうと思ったきっかけを教えてください

学生時代にふらふらしていたとき急に「あッ!」となって・・・これ記事にしづらいですね!(笑)

小さいときはアニメを見ていたので、潜在的な憧れはあったと思うのですが、表だって「いいなぁ」というのを人に出したことも自分の中で感じたこともありませんでした。
しかし大学の時にふと思い立ち、大学と並行して養成所に通い始めたのがきっかけです。

――収録を終えてのご感想をお聞かせください

上司の役は最初、絵を拝見するまではもうちょっと年上(年配)なのかなと思って少し低めな声のイメージを作ってきていたのですが、絵を拝見したときに「あ、上司というよりも先輩に近い感じで、もっと気軽に接するお兄さんなのかな・・・」と。
ディレクションで読みが速すぎるというのがありましたが、普段自分自身に余裕がなく、アップアップだから「上司の余裕」を表現するのは大変でした。
どの作品もそうですが物語の時間が短いので、自分なりに「話の始まり」から「エッチな展開」に行くプロセスっていうのを考えてみたりするのですが、展開的にやっぱり急がなきゃいけないじゃないですか。そこから急に変わるんかい!みたいな(笑)
社長は権力があるので逆らえないかな?と思いますが、上司が新入社員の女の子とエッチな展開まで持って行けるというのは、それだけのカリスマ性というか上司としての器量があるんだろうなと感じました。

――今回は普通のノーマルマイクでの収録でしたが、ダミーヘッドだとまた変わりますか?

今回もマイクの左右くらいには顔を振ったりしましたが、バイノーラルだと自分が動けるので、後ろに行ったりしゃがんでから上に向かって行ったりできるからだいぶやり方が変わってきます。
動く時間が読みの「間」になったりするので、実際立ってやったほうが僕はやりやすいですね。これは耳でしか聞かないものだから「間」がすごく大事で。それをバイノーラルだと自分の動く時間がキャラクターの動く時間になるからやりやすいです!

――印象的なシーンやセリフを教えてください

【シーン】
社長は、女の子が社内でエッチしているのをどういうわけかチェックしているわけですよね。そこから「注意=自分がする」というのがなんか楽しくなっちゃいますよね!
多少の無理やり感はあるけどもああいった部分を自分の中でも楽しんで演じています。
収録時、女性向けということもあるので、ようはギャグのようになっては違う・・・というのは注意としていつも置いています。ふざけすぎる、ギャグによりすぎるとアレアレ?とキャラが違いすぎてしまうから。
だから今回は社長のようなノリのいい部分とか、そういうギャグではなく僕自身も楽しんで演じているところが出ていたらいいかな。
「神聖な会社でエッチなんかしちゃダメでしょ♪」って♪マークついちゃってますから、かなり楽しんで遊んでますよね!

【セリフ】
これまた社長ですが、行為の最中の
「あれ、イく?そろそろイっちゃう?」
と確認するところ。
僕のやってきた役の中ではあまりこうして女の子に確認するセリフはなかった気がするので新鮮でした。やっぱり演じてて楽しいのはS要素がある役かなとは思います。好きな子にちょっと意地悪する気持ちはわかるので!

でも強引な役をやるときに、「冷たさ」というのをどこまで出していいのか悩みますね。
どんな関係性であっても僕は愛情があるものだと思っています。どんな不自然な出会い方であっても最後のピロ―トーク的な部分へもっていくためには、愛情がないと話がつながらないのかなと。だから愛がない乱暴ではなく、女の子にとってどの辺りが心地よい冷たさなのか気になりますね。

――今回「新社会人もの」がテーマとなっておりますが、憧れのオフィスラブ(シチュエーション)を教えてください

はっと思いつくのが「向かいのビルから見たらなんかヤッてる」というシチュエーション!ビルだから誰も見ていないだろうと思い込んで、窓際の席でエッチなことをしていたら、実は向かいのビルから覗かれている・・・というのをまず思いつきました!!
オフィスラブは隙がないとできないと思うんですよね。学生のただイチャイチャするとは違って、人目を忍んですることだと思う。スリルというか、危ういところでの綱渡り。見つかったらダメというスリル感ですね。

もし自分が会社に勤めていたとしたら、先輩というのは響きがすごく素敵だなと思います。
学生時代の先輩とはまた違う、会社の先輩というのはなんだか憧れますね。自分が部下で、女性が上司。ラブが生まれるのであれば、後輩というよりも同僚以上かな・・・と思いますね。

――異性の「こんな仕草にキュンとしてしまう」といったことがありましたら教えてください

目が合った時に別に何ともなくてもはにかんでくれる・・・ニコっとしてくれるといい子だなと思います。そこで好きになっちゃうことはないけれど、アイコンタクトが上手な人は素敵ですね。
時々台本にも出てくるのですが、女性の仕草を見て(そのタイミングで発する)「可愛いね」というセリフは、彼らの心情がわかる気がします!

――最後に、視聴者の皆様へメッセージをお願いします

新社会人ものということで、これから社会に出られる方もいらっしゃると思いますが、危なくない程度に会社での生活をお送りください!ここに出てくる、僕が演じた上司と社長は、お話の中では癖がありますがそういう人ばかりではないので!
いろいろな役をやらせていただいていますが、たくさんのシチュエーション・キャラクターを毎回楽しく演じています。
聞いていただいている方も、ぜひ時代背景や物語の背景を想像して頂き、さらにこちらは皆さんが実際にその世界にいるよう、浸っていただけるようにできたらなと思います。

これからも主にSっ気のある役が主だと思うのですが・・・(笑)
ぜひ聞いていただけたら嬉しいです。

――本日はありがとうございました。

======================

☆小宅悠一さんが出演中の作品はコチラ☆

「誘惑オフィスラブ~職場でこっそり快感絶頂~」
3・4・6トラック目に出演中!



「S彼氏 ~刺激的な2人の時間~」


「寮性活~きょうだいの契りを交わして×××なご奉仕~」


その他、多数の作品に出演中!

関連キーワード

『 』の関連記事

最新記事