キャストインタビュー「別れさせ屋~ハニートラップにご用心~」植木 亨さん

スタッフ

キャストインタビュー「別れさせ屋~ハニートラップにご用心~」植木 亨さん

「別れさせ屋~ハニートラップにご用心~」に出演中の植木亨さんにインタビューをお答えいただきました。
収録を終えての感想や印象的なシーンに加え、プライベートな部分まで伺ってきました!



――自己紹介をお願いします

お名前:植木 亨(うえき とおる)
誕生日:3月31日
血液型:B型
好きな食べ物:甘いもの、餃子、お米など…好き嫌いはありません
趣味:映画鑑賞
得意な役柄:落ち着いたエロいおじさん、乱暴者や野性が残っているワイルド系など。これまでイケメンやかっこいい系は縁がなかったので、二枚目の役は現在でも勉強中です!

――声優を目指そうと思ったきっかけを教えてください

子どもの頃に人形劇などに憧れて、それをやるにはどうしたらいいのかなとおぼろげながら思っていました。元々は小劇場でやっていて芝居をしていたのもありますが、人形劇で声優さんが声をあてているのを見ると、「声」もちゃんと勉強しないとだめなのかな…と養成所に行ったのがきっかけです。

声優になろうという気持ちよりは演技がしたいという思いの方が強かったです。
自分の声にコンプレックスがあって、声優になれるとは想像していなかったのですが、「やりたい」と「やれる」は違うから。こうして続けていると形になるのかなと思います。

――収録を終えてのご感想をお聞かせください

いつも感じるのは、自分の生活とかけ離れている役や設定なので、やらせてもらうたびにどんな役であれ、すごく楽しい、世界に入り込めます。女の人に「そんなこと」をしたらつかまっちゃいますからね、日常生活では(笑)

――今回も変態度がすごかったですよね!

そう!僕はいままで変態系がどうしても多くて、変態教師とか変態社長、変態博士…とアタマに「変態」とつく役ばかりだったこともあり、「変態度を出せ」と指示があるとボロボロでてしまうから、女性向けでは出しすぎないように気をつけています。
これまで演じる機会の多かった男性向けの、男性主体の独りよがりで一方的な愛ではなく、相手を思いやる気持ちを大切にしながら収録に臨んでいます。

――今回「別れさせ屋」がテーマとなっておりますが、
これまでに「せつないお別れ」の経験がございましたら教えてください。


恋愛経験というのは僕も数多くはないのですが、人生で「モテ期」というのが誰しもあるじゃないですか。もっと分散してくれれば…なんて思いますが(笑)
こんな僕にもあったんですよ。でもそういう時、やっぱり男は調子に乗ってしまって、オイタをしてしまったり。

そのときに言われたこととか注意されたことって当時は理解できなかったけれど、年を経るごとに「こういうことだったのか」と理解できるようになったりして、当時の自分は子どもだったなと思ってしまいますね。

「教訓:モテ期だからといって調子に乗るな!」
ですかね(笑)

――異性の「こんな仕草にキュンとしてしまう」「こんなことされたら好きになってしまう」といった部分がありましたら教えてください

基本的にはどんな行為でもキュンとしてしまうのですが、自分ができない行為…例えば、パソコンでブラインドタッチをしている姿を見かけるとゾクゾクゾクッ!ときますね。やばいです。
「俺もブラインドタッチして!!」
「俺のエンターキーを押して!」
「時にバックスペースでよろしく…」
と思います。…何を言っているか分からないですね(笑)

ぱっと思いついた中だとブラインドタッチはいいですね。
自分のできないこと、知らないことに長けていると魅力を感じます。
女性らしい仕草にも「エロいな」とは思いますが、女性が努力している姿や内面的な部分にキュンときますね。

――最後に、視聴者の皆様へメッセージをお願いします

いつも自分の声で楽しんでくださっている皆様本当にありがとうございます。
少しでもお力になれたらと思い一生懸命頑張っておりますが、一生懸命やりすぎてセクシーさが欠けないようにこれからも尽くしていきますので、なんとか僕を使ってください…!(笑)
あ、今晩も!“今晩も”僕を使ってください!

――本日はありがとうございました!

======================

☆植木亨さんが出演中の作品はコチラ☆

「別れさせ屋~ハニートラップにご用心~」(1・5トラックに出演中)


「カイカン悪戯電車~触られ触って×××~」


「M彼氏 ~お構いなしの×××なおねだり攻撃!~」


その他、多数の作品に出演中!

関連キーワード

『植木亨』の関連記事

最新記事