メニューを閉じる ×

収録トラック

内容紹介

恋に夢中になった。
でも、苦しくて…好きになればなるほど、不安と寂しさを知った。傷つきながらも、恋をする青年たちの物語。

ストーリー・キャラクター紹介

年上の男性との恋愛で傷ついた経験を持つ神流柚槻は、本気で恋ができなくなっていた。遊び相手は何人もいる。でも許しているのはキスまで。
そんな柚槻が、ある夜、丘 智周と出会う。ふんわりと無造作に揺れる髪。チョコレイトみたいな瞳。そして柔らかな微笑み。彼の存在が、柚槻を変えていく--。
だが智周は誰にでも優しく、恋人も途切れることがない。柚槻への優しさも特別なものではない、そう思っていても、惹かれていく気持ちは止められなくて…・・・。
「キスなんか挨拶みたいなものだ。これまで何人ともしてきたし、もう慣れたと思っていた。なのに、どうして--。」
(C)橘 紅緒/大洋図書

オススメ作品

#野島健児

カートに戻る